1.経 歴


氏 名:中北英一

生年月日:昭和34年(1959年)1115日 (大阪市まれ)

 

学 歴:

昭和58年(1983年)3月:京都大学 工学部 土木工学科卒業

昭和58年(1983年)4月:京都大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 修士課程入学

昭和60年(1985年)3月:京都大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 修士課程修了

昭和60年(1985年)4月:京都大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 博士課程進学

昭和60年(1985年)9月:京都大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 博士課程中途退学

 

職 歴:

昭和60 (1985) 10月〜平成212月(1990年):京都大学 防災研究所 水資源研究センター 助手

平成2 (1990) 11月:京都大学工学博士(地形が降雨に及ぼす影響を考慮した短時間降雨予測手法の開発と3次元レーダー情報の利用に関する研究)

平成3 (1991) 1月〜平成12年(2000年)3月:京都大学 防災研究所 水資源研究センター 助教授

平成3年(1991年)4月〜平成12年(2000年)3月:京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 水文循環工学講座 助教授(兼任)

平成4年(1992年)1月〜11月:米国アイオワ大学水理学研究所 (Iowa Institute of Hydraulic Research) 客員助教授

平成12年(2000年)4月〜平成15 (2003) 3月:京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 環境情報工学講座 助教授

平成15 (2003) 4月〜平成16年(2004年)9月:京都大学大学院 工学研究科 都市環境工学専攻 環境情報学講座 助教授

平成16年(2004年)10月〜平成17年(2005) 3月:京都大学防災研究所 水資源研究センター 教授

平成17年(2005年)4月〜現在:京都大学防災研究所 気象・水象災害研究部門 水文気象災害研究分野 教授

平成18年度(2006年度)〜現在:京都大学 生存基盤科学研究ユニット 企画戦略ディレクター

平成18年度(2006年度)〜現在:京都大学 生存基盤科学研究ユニット 研究フェロー

平成18年度(2006年度)〜平成19年度(2007年度):防災科学技術研究所 客員研究員

平成19年(2007年)1月〜平成20年(2008年)3月:国立シンガポール大学(National University of Singapore) 熱帯海洋科学研究所(Tropical Marine Science Institute) 客員研究教授

 

賞 罰:

平成5年(1993年)3月:土木学会水理委員会 水工学論文奨励賞

平成20年(2008年)1月:土木学会関西支部 功労賞



2.研究業績


論文(フル査読付き)


1.    椎葉充晴・高棹琢馬・中北英一:移流モデルによる短時間降雨予測の検討,土木学会水理講演会論文集, 28, pp.349-354, 1984.

2.    高棹琢馬・椎葉充晴・中北英一・張 昇平:KINEMATIC WAVE モデルの集中化,土木学会水理講演会論文集, 29,  pp.239-244, 1985.

3.    中北英一・筒井雅行・池淵周一・高棹琢馬:降雨分布特性の気象力学的解析,土木学会水理講演会論文集, 32, pp.13-18, 1988.

4.    中北英一・椎葉充晴・池淵周一・高棹琢馬:三次元レーダー雨量計情報の可視化,土木学会論文集, 393/II-9, pp.161-169, 1988.

5.    Nakakita, E., M. Shiiba, S. Ikebuchi and T. Takasao: Advanced use into rainfall prediction of three-dimensionally scanning radar, Proc. of International Seminar on Water Resources Systems, Tomamu, Japan, pp.353-368, 1989.

6.    中北英一・椎葉充晴・池淵周一・高棹琢馬:3次元レーダーを利用した降雨予測手法の開発,土木学会水工学論文集, 34, pp.91-96, 1990.

7.    Nakakita, E., M. Shiiba, S. Ikebuchi and T. Takasao: Advanced use into rainfall prediction of three-dimensionally scanning radar, Stochastic Hydrology and Hydraulics, 4, pp.135-150, 1990.

8.    Nakakita, E., M. Shiiba, S. Ikebuchi and T. Takasao: Advanced use into rainfall prediction of three-dimensionally scanning radar, Hydrological Application of Weather Radar, Edited by I.C. Clukie and C. G. Coliier, pp.391-401, Ellis Horwood, 1991.

9.    中北英一・田中 実・椎葉充晴・池淵周一・高棹琢馬:3次元レーダーエコー強度情報を用いた水蒸気相変化量と大気3次元風速の同時推定手法,土木学会水工学論文集, 36, pp.483-488, 1992.

10. Oishi, S., E. Nakakita and S. Ikebuchi: Local rainfall prediction knowledge based on three-dimensional wind field estimating method, Proc. of XXV Congress of IAHR, Vol.I, pp. 217-224, 1993.

11. Ikebuchi, S., E. Nakakita, K. Kakimi and T. Adachi: Accuracy of space and time average estimation on precipitation by using satellite data, Proc. of International Symposium on HEIFE, pp.216-226, 1993.

12. Ikebuchi, S., E. Nakakita, K. Takara, M. Shiiba, and T. Takasao: A Review of related research on flood runoff forecasting, Proc. of Workshop on Observations/Forecasting of Meso-Scale Severe Weather and Technology of Reduction of Relevant Disasters, Japan Meteorological Agency, pp.205-216, 1993.

13. Yoshino, F., N. Onodera, K. Matsukura, K. Hukami, A. Yoo and E. Nakakita: Rainfall observation by radar, Research and Practice of Hydraulic Engineering in Japan, Special Issues, No. SI-3, Hydrology, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, pp.1-25, 1993.

14. Yamada, Tadashi, Tika. Oki,Eiichi Nakakita and Michiharu Shiiba : Rainfall mechanism and prediction, Research and Practice of Hydraulic Engineering in Japan, Special Issues, No. SI-3, Hydrology, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, pp.27-82, 1993.

15. 中北英一・足立琢也・池淵周一:地表面水蒸気フラックスが降雨分布に与える影響に関する基礎的検討,土木学会水工学論文集, 38巻,pp.25-32, 1994.

16. Takasao, Takuma, Michiharu Shiiba and Eiichi Nakakita: A Real-time estimation of the accuracy of short-term rainfall prediction using radar, K.W. Hipel(ed.), Stochastic and Statistical Methods in Hydrology and Environmental Engineering, Vol.2, pp.339-351, 1994.

17. 大石 哲・木谷有吾・中北英一・池淵周一:2次元積雲モデルを用いた降水過程における鉛直上昇流の影響に関する研究,土木学会水工学論文集, 39, pp.255-260, 1995.

18. 中北英一・杉本聡一郎・池淵周一・中村徹立・奥田昌弘・山路昭彦・高棹琢馬:3次元レーダーおよびGPVデータを用いた短時間降雨予測手法,土木学会水工学論文集, 40, pp.303-308, 1996.

19. 矢島 啓・池淵周一・中北英一:PMP推定のための豪雨ポテンシャルの地域評価,土木学会水工学論文集, 40, pp.285-290, 1996.

20. 中川勝広・中北英一・池淵周一・佐藤 亨・Baxter E. Vieux・高棹琢馬:降雨の3次元構造を考慮したレーダー雨量推定手法の構築,土木学会水工学論文集, 40, pp.297-302, 1996.

21. 藤野 毅・浅枝 隆・中北英一:市街地スケール都市気象モデルによる風・熱環境評価の検討,土木学会水工学論文集, 40, pp.231-236, 1996.

22. 矢島 啓・辻 基宏・池淵周一・中北英一:積雲対流モデルを用いた短時間可能最大降水量(PMP)推定手法の検討,水文・水資源学会誌, 9, 2, pp.143-152, 1996.

23. Nakakita, E., S. Ikebuchi, T. Nakamura, M. Kanmuri, M. Okuda, A. Yamaji and T. Takasao: Short-term rainfall prediction method using a volume scanning radar and GPV data from numerical weather prediction, Journal of Geophysical Research, Vol. 101, No. D21, pp.26181-26197, 1996.

24. Nakagawa, K., E. Nakakita, S. Ikebuchi, T. Sato and T. Takasao: Formulation of vertical profile of rain drop size distribution, Proc. of Int. Conference on Water Resources & Environmental Research: Towards the21st Century, Kyoto, Vol.1, pp.651-658, 1996.

25. Oishi, S., Y. Kitani, E. Nakakita and S. Ikebuchi: Study on effects of updraft on precipitation processes using two-dimensional cumulus model, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol.14,No.2, pp.81-88, 1996.

26. 中川勝広・中北英一・佐藤 亨・池淵周一:降雨タイプに依存した雨滴粒径分布パラメータとその鉛直分布,土木学会水工学論文集, 41, pp.141-146, 1997.

27. 辻 基宏・大石 哲・中北英一・池淵周一:雨滴生成量を考慮した短時間PMP推定に関する一考察,水工学論文集, 41, pp.135-140, 1997.

28. Nakakita, Eiichi., Shuichi Ikebuchi, Katsuhiro Nakagawa, Toru Sato, Baxter. E. Vieux and Takuma Takasao: Utilization of vertical profile of DSD into building up an algorithm for estimating ground rainfall amount using radar, Weather Radar Technology for Water Resources Management. (eds B. Braga and O. Massambani), UNESCO Press, Montevideo, pp.307-320, 1997.

29. 中川勝広・中北英一・佐藤 亨・池淵周一:雨滴粒径分布の鉛直構造解析とレーダー雨量推定手法の構築,土木学会水工学論文集, 42, pp.7-12, 1998.

30. 大石 哲・中北英一・池淵周一:GPSを用いた積雲スケールの水蒸気擾乱抽出手法に関する数値実験的研究,土木学会水工学論文集, 42, pp.13-18, 1998.

31. 田中賢治・中北英一・池淵周一:琵琶湖プロジェクトの陸面過程モデリング, 土木学会水工学論文集, 42, pp.79-84, 1998.

32. Nakakita, Eiichi., Shuichi Ikebuchi, Minoru Tanaka, Michiharu Shiiba and Takuma Takasao: Estimation of three-dimensional wind velocity and conversion rate of water vapor using reflectivity detected by three-dimensionally scanning  radar, Advanced in Hydrological Application of Weather Radar (Proc. of 2nd Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Hannover, Germany,1992, eds G. Shepherd and H. -R.Verworn), pp.222-232, 1998.

33. Nakakita, Eiichi, Shuichi. Ikebuchi, Noriyasu Sawada, Michiharu Shiiba and Takuma Takasao: A short-term rainfall prediction method using reflectivity detected by three-dimensionally scanning radar, Advanced in Hydrological Application of Weather Radar (Proc. of 2nd Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Hannover, Germany, 1992, eds G. Shepherd and H. -R. Verworn), pp.326-336, 1998.

34. 中北英一・鈴木善晴・池淵周一:降雨分布の地形依存特性における時間スケール階層構造,土木学会水工学論文集, 44, pp.91-96, 2000.

35. 中北英一・矢神卓也・池淵周一:1998那須集中豪雨の生起・伝播特性,土木学会水工学論文集, 44, pp.109-114, 2000.

36. 大石 哲・中北英一・池淵周一・島田誠:GPS大気遅延量のパワースペクトルを用いた小規模水蒸気擾乱の変動特性解析,土木学会水工学論文集, 第44, pp.67-72, 2000.

37. 片岡幸毅・大東秀光・角田 恵・池淵周一・中北英一・大石 哲・藤田暁・高田望:山岳域の気象・降雨特性に関する実験的研究,土木学会水工学論文集, 第44, pp.103-108, 2000.

38. 鈴木善晴・中北英一・池淵周一:標高依存直線に基づいた降雨分布の地形依存特性の解明,土木学会水工学論文集, 第45, pp.301-306, 2001.

39. Sugimoto, Soichiro, Eiichi Nakakita, Shuichi Ikebuchi: A stochastic approach to short-term rainfall prediction using a physically based conceptual rainfall model, Journal of Hydrology, 242, pp. 137-155, 2001.

40. Nakakita, Eiichi, Yoshiharu Suzukiand Shuichi Ikebuchi: Hierarchical time-scale structure in the dependence of rainfall distribution on topographyJournal of Hydroscience and Hydraulic EngineeringVol.19No.2pp.1-102001.

41. Higuchi, A., K. Nishida, A. Kondoh, K. Tanaka, N. Ebisu, S. Iida, and E. Nakakita: A Simple and cheap method to monitor the surface status for the validation of optical satellite remote sensing. Proc. The Fifth International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, Aichi Trade Center, Nagoya, Japan, Vol. 1, pp.223-228, 2001.

42. 鈴木善晴,諸橋真琴,中北英一,池淵周一:3次元構造および降雨タイプを考慮した降雨分布の地形依存特性の解析,土木学会水工学論文集,第46巻,pp.13-182002

43. 中北英一・沖村俊郎・鈴木善晴・池淵周一:降雨の標高依存特性を導入したTRMM/PRによる時間・空間平均降雨量の推定,土木学会水工学論文集,第46巻,pp.25-302002

44. 中川勝広・中北英一・鈴木善晴・大石 哲・池淵周一:TRMM/PRを用いた山岳域における地上降雨量分布の推定,土木学会水工学論文集,第46巻,pp.31-362002

45. Suzuki, YoshiharuEiichi Nakakitaand Shuichi IkebuchiStudy on the dependence properties of rainfall distributions on topographic elevationsJournal of Hydroscience and Hydraulic EngineeringVol.20No.12002.

46. 鈴木善晴・宮田昇平・中北英一・池淵周一:メソ気象モデルによる数値シミュレーションに基づいた降雨−地形関係の解析,土木学会水工学論文集,第47巻,pp.73-782003

47. Suzuki, Yoshiharu, Eiichi Nakakita and Shuichi Ikebuchi, Numerical study of rainfall-topography relationships on mountainous reigion in Japan using a mesoscale meteorological model, Weather Radar Information and Distributed Hydrological Modelling, IAHS Publications No. 282, Eds. by  Y. Tachikawa, B. E. Viuex, K. P. Georgakakos and E. Nakakita, 2003.

48. 中北英一・前田妙子:流域スケールに依存した分布型降雨情報の有効性に関する基礎的検討,土木学会水工学論文集,第48巻,pp.307-3122004

49. 鈴木善晴・宮田昇平・中北英一・池淵周一:山岳域における降雨−地形関係のメカニズムに関する数値実験的な研究,土木学会水工学論文集,第48巻,pp.289-2942004

50. 相馬一義・田中賢治・中北英一・池淵周一:非静力学気象モデルへの詳細な陸面過程モデルの導入,土木学会水工学論文集,第48巻,pp.127-1322004

51. 中北英一:都市河川が対象とする降雨現象,河川技術論文集,第10巻,pp.19-24, 2004.

52. (研究ノート)玉川一郎・石田祐宣・松島大・小野圭介・林泰一・田中広樹・岩田徹・中北英一・田中賢治・樋口篤志・浅沼順・多田毅・石川裕彦・檜山哲哉・田中健路:CAPS観測グループ, 琵琶湖プロジェクト2002年フラックス面的集中観測(Catch A Plume by SATs: CAPS):その概要,水文・水資源学会誌,第174号,pp.392-400, 2004.

53. 相馬一義・田中賢治・中北英一・池淵週一:琵琶湖周辺の対流性降水に地表面状態及び局地循環が与える影響の検討,土木学会水工学論文集,第49巻,pp.259-2642005.

54. 鈴木善晴・鎌田雅憲・宮田昇平・中北英一・長谷部正彦・池淵週一:降雨-地形関係の時空間変動特性を考慮した山岳域における降雨分布特性の解析,土木学会水工学論文集,第49巻,pp.265-2702005.

55. 中北英一・岡根俊介:人工衛星による低頻度観測情報から直接算定される地点月降雨量分散値の補正手法,土木学会水工学論文集,第50巻,pp 199-204 , 2006

56. 中北英一・義本欣司:時間・空間スケールを考慮した異常降雨のグローバル解析に関する基礎的研究,土木学会水工学論文集,第50巻,pp 607-612 , 2006

57. 相馬一義・田中賢治・中北英一・池淵周一:夏季の山地域における対流性降水土壌水分量の違いが与える影響,土木学会水工学論文集,第50巻,pp 517-522, 2006

58. 中北英一・竹畑栄伸・中川勝広:最新型Cバンド偏波レーダを用いた降雨量推定精度の検証,土木学会水工学論文集,第51巻,pp 325-330 , 2007.

59. 中北英一・足立 充・北井 剛:地形性降雨を導入したレーダー及びGPV情報を用いた台風性降雨予測手法の開発,土木学会水工学論文集,第51巻,pp 337-342 , 2007.

60. Nakakita, Eiichi, Yukihisa Sato and Kensuke Takenouchi, 4DDA of radar echo and Doppler velocity by an atmospheric model with a conceptual precipitation Model, Annual Journal of Hydraulic Engineering, JSCE, Vol.51, pp 103-108 , 2007.

61. 鈴木博人・中北英一:鉄道と気象庁の降水量データを用いた大雨の標高依存性の解析,土木学会水工学論文集,第51巻,pp 283-288 , 2007.

62. Nakakita, Eiichi, Shunsuke Okane and Lisako Konoshima, Method of correcting variance of point monthly rainfall directly estimated using low frequent observations from space, Advances in Geosciences 2006, Vol. 6Hydrological Science, World Scientific Publishing Company Pte. Ltd, pp 35-45, 2007.

63. Suzuki, Y, S. Miyata, E. Nakakita, and M. Hasebe: Numerical approach on the mechanism of precipitation-topography relationship in mountainous complex terrain, Proc. of International Congress on Modelling and Simulation 2007 (MODSIM07), pp.2131-2137, Dec. 2007.

64. 中北英一・寺園正彦:地形性降雨の非地形性降雨に対する非線形効果を考慮した短時間降雨予測手法,土木学会水工学論文集,第52巻,pp 331-336 , 2008.

65. 中北英一・竹畑栄伸:Cバンド偏波レーダーによる降雨量推定アルゴリズムの構築に関する研究,土木学会水工学論文集,第52巻,pp 349-354 , 2008.

66. 山口弘誠・中北英一:アンサンブルカルマンフィルタを用いたドップラーレーダー情報の4次元同化設計, 土木学会水工学論文集,第52巻,pp 343-348 , 2008.

67. 鈴木博人・中北英一:降雨の空間代表性 −鉄道と気象庁の降水量データを用いた解析−, 土木学会水工学論文集,第52巻, pp 187-192 , 2008.

68. Souma, Kazuyoshi, Kenji Tanaka, Eiichi Nakakita Shuichi Ikebuchi and Kaoru Takara, Effect of the LDAS Derived Realistic Distribution of Soil Moisture on a Summertime Heat Thunderstorm Prediction in Japan, Proc. of 4th Intl. Conf. on Water Resources and Environment Research, pp.2339-2349, Australia, 2008.

69. Nakakita, Eiichi and Lisako Konoshima, Estimating global distribution of spatial and temporal correlation length of point rainfall intensity using low frequent observations from space, Advances in Geosciences 2007, Vol. 11World Scientific Publishing Company Pte. Ltd, pp. - , 2008.

70.中北英一・木島梨子:衛星観測を用いた瞬時降雨量の時間相関長さの全球分布推定, 土木学会水工学論文集,第53巻,pp.217-222, 2009.

71.中北英一・杉谷祐二:斜面・河道発達過程の数理モデルを導入した模擬流域発生手法の開発, 土木学会水工学論文集,第53巻,pp.439-444, 2009.

72.中北英一・山口弘誠・隅田康彦・竹畑栄伸・鈴木賢士・中川勝広・大石哲・出世ゆかり・坪木和久・大東忠保:偏波レーダーとビデオゾンデの同期観測および降水粒子タイプ判別, 土木学会水工学論文集,第53巻,pp.361-366, 2009.

73. 山口弘誠・中北英一:偏波レーダーCOBRAを用いた降水粒子種類の同化手法の提案, 土木学会水工学論文集,第53巻,pp.355-360, 2009.

74. 萬和明・田中賢治・中北英一:水収支に基づく土壌水分推定値の精度評価, 土木学会水工学論文集,第53巻,pp.403-408, 2009.

75. 鈴木博人・中北英一・高橋日出男:雨量計の観測値を用いた降水量の空間代表性の解析, 土木学会水工学論文集,第53巻,pp.391-396,2009.

76. Kim, Sunmin, Yasuto Tachikawa, Eiichi Nakakita and Kaoru Takara, Reconsideration of Reservoir operation under climate change: Case study with Yagisawa dam, Annual Journal of Hydraulic Engineering, JSCE, Vol.53, pp.120-125, 2009.

77. Takara, Kaoru, Sunmin Kim, Yasuto Tachikawa and Eiichi Nakakita, Assessing climate change impact on water resources in the Tone River basin, Japan, using super-high-resolution atmospheric model output, Journal of Disaster Research, Vol.4, No.1, pp12-23, 2009.

78. Souma, Kazuyoshi, Kenji Tanaka, Eiichi Nakakita, Shuichi Ikebuchi and Kaoru Takara, The effect of soil moisture on a summer time convective rainfall in central Japan, Monthly Weather Review, 2009.

79. Kim, Sunmin, Eiichi Nakakita, Yasuto Tachikawa and Kaoru Takara, Precipitation changes in Japan under the A1B climate change scenario, Annual Journal of Hydraulic Engineering, JSCE, Vol.54, pp.127-132 , 2010.

80. 木島梨沙子・中北英一:全球気候モデルを用いた異常降雨とそのアジアモンスーン域における将来変化の解析, 土木学会水工学論文集,第54巻,pp.217 -222, 2010.

81. 小林健一郎・寶 馨・中北英一:全球気候モデル出力を用いた日本域の100年確率日降水量の将来予測, 土木学会水工学論文集,第54巻,pp.223-228 , 2010.

82. 城戸由能・福田勝之・中北英一:自動水質計を用いた雨天時を含む河川水質濃度の推定と負荷量算定評価, 土木学会水工学論文集,第54巻,pp.1387-1392 , 2010.

83. 鈴木博人・中北英一:山間部の鉄道沿線における大雨の標高依存性, 土木学会水工学論文集,第54巻,pp.337-342 , 2010.

84. 中北英一・山邊洋之・山口弘誠:ゲリラ豪雨の早期探知に関する研究, 土木学会水工学論文集,第54巻,pp.343-348 , 2010.


論文(アブストラクト査読付)


1.    Nakakita, E., M. Shiiba, S. Ikebuchi and T. Takasao: Advanced use into rainfall prediction of three-dimensionally scanning radar, Proc. of 1st Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Salford, UK, 10pp., 1989.

2.  中北英一:レーダ雨量計を用いた降水現象の観測と予測, マジックモンキープロジェクトに関する論文集, 10pp., 1990.

3.    Nakakita, E., S. Ikebuchi, M. Tanaka, M. Shiiba and T. Takasao: Estimation of three-dimensional wind velocity and conversion rate of water vapor using reflectivity detected by three-dimensionally scanning Radar, Proc. of 2nd Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Hannover, Germany, 10pp., 1992.

4.    Nakakita, E., S. Ikebuchi, N. Sawada, M. Shiiba and T. Takasao: A short-term rainfall prediction method using reflectivity detected by three-dimensionally scanning radar, Proc. of 2nd Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Hannover, Germany, 10pp., 1992.

5.    T., Moriyama, M. Hirano, T. Koike, E. Nakakita and T. Oki: Standard radar portable format in Japan, Proc. of 2nd International Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Hannover, Geramany, 10pp.,1992.

6.    Nakakita, E., T. Kawasaki and S. Ikebuchi: A rainfall model based on concept of latent instability for short-term rainfall prediction using radar, Abstracts for 4th Int. Conf. on Precipitation, Iowa, 1993.

7.    Nakakita, E., S. Ikebuchi, M. Shiiba and Takuma Takasao: Advanced use of volume scanning radar: Proc. of 3rd Roc and Japan Joint Seminar on Natural Hazards Mitigation, Tainan, Taiwan, pp.317-331, 1993.

8.    Nakakita, E., M. Murata, S. Ikebuchi, M. Shiiba and T. Takasao, Fundamental investigation for estimating three-dimensional wiind velocity in wide area using reflectivity information from spaceborne radar, Proc. of the 26th Conference on Radar Meteorology, American Meteorological Society, Oklahoma, pp.424-426, 1993.

9.    Sunada, K. and E. Nakakita: On a Collaborative Field observation syncronized with the spaceborne and airborne remote sensing for understanding hydrological cycle in the Lake Biwa Basin The Biwako Project, Proc. of International Symposium on the Global Energy and Water Cycle Experiment (GEWEX) in Asia GAME (GEWEX Asian Monsoon Experiment), pp.5.24-5.27,1994.

10. Nakakita, E., S. Ikebuchi, K. Nakagawa, T. Sato, B. E. Vieux and Takuma Takasao: Utilization of vertical profile of DSD into building up an algorithm for estimating ground rainfall amount using radar, Proc. of 3rd Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, San Paulo, Brazil,10pp., 1995.

11. Nakakita, E., S. Ikebuchi, T. Nakamura, M. Kanmuri, M. Okuda, A. Yamaji and T. Takasao: Short-term rainfall prediction method using a volume scanning radar and GPV data from numerical weather prediction, Abstracts of 6th Int. Conf. on Precipitation, Greece, 1995.

12.  中北英一・上田哲弘・岡田憲夫・池淵周一:多雨年・少雨年の出現特性解析と経年貯留方式に関する検討,5回水資源に関するシンポジウム論文集, pp.99-105, 1997.

13.中北英一・砂田憲吾:琵琶湖プロジェクト -その歩みと現在-,5回水資源に関するシンポジウム論文集, pp.689-694, 1997.

14. Nakakita, E., K. Nakagawa and S. Oishi: Analysis and prediction of rainfall for hydrological uses, Proc. of 4th Japan-Chinese(Taipei)Joint Seminar on Natural Hazards Mitigation, Kyoto, Japan, pp.111-120,1997.

15. Nakakita, E., T. Fujii, K. Miyake, A. Yamaji, and S. Ikebuch: Introducing a conceptual rainfall model based on the latent instability into a short-term rainfall prediction method, Abstracts. of 4th Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, San Diego, USA, 1998.

16. Nakagawa, K., E. Nakakita, S. Ikebuchi and T. Sato: Analysis on vertical profile of rain drop size distribution, Abstracts. of 4th Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, San Diego, USA, 1998.

17. Sugimoto, S., E. Nakakita and S. Ikebuchi: Improvements for practical use of a short-term rainfall prediction method using information from a volume scanning radar, Abstracts. of 4th Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, San Diego, USA, 1998.

18. Nakakita, E., N. Okada and S. Ikebuchi: Hierarchical structure in dependency of rainfall distribution on topography, Abstracts of 6th Int. Conf. on Precipitation, Hawaii, USA.

19.中北英一・砂田憲吾:琵琶湖プロジェクトについて, 水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, 地球科学技術フォーラム, pp.1-10, 1998.

20.田中賢治・中北英一・池淵周一:琵琶湖プロジェクトの陸面過程モデリング −衛星データの導入−, 水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, 地球科学技術フォーラム, pp.69-76, 1998.

21.藤野 毅・浅枝 隆・中北英一:夏期の琵琶湖周辺における風系の解析"琵琶湖プロジェクト'96より", 水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集,地球科学技術フォーラム, pp.79-85, 1998.

22.中川勝広・中北英一・鈴木善晴・大石 哲・池淵周一:地上降雨レーダによるTRMM/PRの検証研究,第2回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, pp.53-60, 2000.

23.大石 哲・中北英一・池淵周一・島田誠一:GPS大気遅延量のパワースペクトルを用いた小規模水蒸気擾乱の変動特性に関する研究,第2回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集,pp.69-78, 2000.

24.  Kenji Tanaka, Hiroki Hayashi, Eiichi Nakakita, and Shuichi Ikebuchi: Energy and water Budget of paddy field in the Lake Biwa basin, Japan, Proc. of the Intl. Workshop on GAME-AAN/Radiation, pp.55-58, 2001.

25.中北英一・河井紘輔・池淵周一:ベネズエラならびにメコン河流域での熱帯異常降雨と災害,土木学会第9回地球環境シンポジウム講演論文集,pp.1-6, 2001.

26. Nakakita E., T. Yagami and S. Ikebuchi, Analysis of characteristics of generation and propagation of localized heavy rainfall utilizing dynamic indices for short-term rainfall prediction, Proc. of Fifth Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Kyoto, Japan, pp.341-346, 2001.

27. Oishi, S., N. Ohgita, E. Nakakita: Effect of water vapor on advection of convective rainfall cells around the Lake Biwa, Japan,Proc. of 5th Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Kyoto, Japan, pp.171-176, 2001.

28. Suzuki, Y., E. Nakakita and S. Ikebuchi: Study on the dependence properties of rainfall distributions on topography in mountainous regions, Proc. of 5th Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar , Kyoto, Japan, pp.215-220, 2001.

29. Kitano, M., M. Itoh, E. Nakakita, A. Yamaji, T. Fujii and S. Ikebuchi: Online system of short-term rainfall prediction and evaluation of prediction accuracy, Proc. of 5thInt. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Kyoto, Japan, pp.287-292, 2001.

30. Kataoka, K., H. Daitou, K. Kamisaka, S. Ikebuchi, E. Nakakita, S. Oishi, A. Fujita and N. Takada: Study on orographic rainfall characteristics and short-term prediction using radar data in mountainous region, Proc. of 5th Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Kyoto, Japan, pp.305-310, 2001.

31. Kitano, M., M. Itoh, E. Nakakita, A. Yamaji and T. Fujii: A study on an application of Doppler radar data to a short-term rainfall prediction method, Proc. of 5th Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Kyoto, Japan, pp.323-328, 2001.

32.戎 信宏・西川敦・近藤昭彦・中北英一・田中賢治:森林地における正規化植生指標と葉面積指数- 蒸発散の季節変化に関する研究,第3回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集,地球科学技術フォーラム,pp.59-67,2002.

33.樋口篤志・西田顕郎・近藤昭彦・田中賢治・戎信宏・飯田真一・中北英一:地上設置型植生モニタリングシステムを用いた日本での代表的な土地被覆での植生指標の季節変化−PGLIERC, 琵琶湖プロジェクトの成果から.第3回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集,地球科学技術フォーラム,pp.69-75, 2002.

34.鈴木善晴・中北英一・池淵周一:降雨レーダーおよびメソ気象モデルを用いた降雨場の地形依存特性の解析,第6回水資源に関するシンポジウム論文集,pp.639-6442002

35.  中北英一・沖村俊郎・鈴木善晴・池淵周一:降雨の地形依存性を考慮したTRMM搭載レーダーの長期観測情報の有効利用,第6回水資源に関するシンポジウム論文集,pp.645-6502002

36. Tanaka, K., K. Ishioka, E. Nakakita, S.Ikebuchi : Energy and water budget in the lake Biwa basin Japan, Abstract of the IUGG2003, Sapporo Japan, p.A114, 2003.

37.  Terada, M., K. Kataoka, S. Ikebuchi, E. Nakakita, S. Ohishi, A. Fujita and N. Takada: The development of short-term rainfall prediction system in mountainous region by the combination of extrapolation model and meso-scale atmospheric model, Proc. of 6 th Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Melbourne, Australia, 8pp. 2004.

38. Suzuki, Y., E. Nakakita, M. Hasebe, and S. Ikebuchi: Study on rainfall-topography relationships in Japan with regard to the spatial scale of mountain slopes, Proc. of 6 th Int. Symp. on Hydrological Applications of Weather Radar, Melbourne, Australia, 8pp., 2004.

39.中北英一・花房大輔:様々な時間・空間スケールと流域特性を考慮した異常降雨のグローバル解析,第12回地球環境シンポジウム講演論文集,土木学会,pp.241-246, 2004.

40.中北英一・岡根俊介:人工衛星による低頻度観測情報から算定される降雨場確率パラメータの補正手法の開発,第4回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集,pp.117-123, 2004.

41. Nakakita, E. and D. Hanafusa, A study on global analysis of abnormal rainfall through various spatiotempral scales and basin characteristics, Proc. of Int. Conf. on Monitoring, Prediction and Mitigation of Water Related Disasters, Kyoto, pp.7-12, 2005.

42. Hamaguchi, T. and E. Nakakita, Mathematical countermeasures to difficulty in identifying distributed permeabilities and in enhancing sensitivity of updating parameters from observed data, Proc. of Int. Conf. on Monitoring, Prediction and Mitigation of Water Related Disasters, Kyoto, pp.107-112, 2005.

43. Suzuki, Y., S. Miyata, E. Nakakita and S. Ikebuchi, Effects of spatial scales of topography upon precipitation-topography relationship in mountainous regions, Proc. of Int. Conf. on Monitoring, Prediction and Mitigation of Water Related Disasters, Kyoto, pp.215-220, 2005.

44. Souma, K., K. Tanaka, E. Nakakita, and S. Ikebuchi, Coupling a mosaic land surface scheme (SiBUC) with a nonhydrostatic atmospheric model (ARPS), Proc. of 85th AMS Annual Meeting, 19th conference of Hydrology, P3.18, 2005 (CD-ROM).

45. Nakakita, E., Y. Sato and K. Takenouchi, Four dimensional data assimilation of radar echo and Doppler Velocity by an atmospheric model with a conceptual precipitation Model, Proc. of the 6th Japan-Taiwan Joint Seminar on Natural Hazard Mitigation, CD-ROM, 10pp., 2006.

46.中北英一・竹畑栄伸・中川勝広:最新型二偏波ドップラーレーダーを用いた降水量推定精度の向上,第5回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集,pp.117-123, 2006.

47. Kim, Sunmin, Yasuto Tachikawa, Eiichi Nakakita and Kaoru Takara: Hydrologic Prediction of Climate Change Impacts on Tone and Yodo River Basins. Proc. of The Eighth International Conference on Hydro-Science and Engineering, 9 - 12 September, 2008, Nagoya, Japan. pp.506-512, 2008.

47. Nakakita, Eiichi, Yuji Sugitani and Shugo Matsuda, The Method of Generating Virtual Drainage Basins and Geomorphic Quantities of the Basins, Proc. of 4th Conference of APHW in Beijing, S1-19, pp.10, 2008.

48. Nakakita, Eiichi, HIdenobu Takehata and Katsuhiro Nakagawa, Improvement of Rainfall Estimation Algorithm Using the Latest Polarimetric Radar, Proc. of 4th Conference of APHW in Beijing, S1-20, pp.9, 2008.

49. Konoshima, Lisako and Eiichi Nakkaita, Evaluation of the Changes of Temporal Correlation Length of Rainfall Intensity due to the Global Climate Changes using GCM and TRMM Observations, Proc. of 4th Conference of APHW in Beijing, S4-02, pp.10, 2008.

50. Kido, Yoshinobu, Yukio Tanaka, Aita. Kawakubo and Eiichi Nakakita, Water Budget Analysis by Combination Modeling of Groundwater and River water flow in Kyoto Basin, Proc. of 4th Conference of APHW in Beijing, S1-09, pp.8, 2008.

51. Abudoureyimu, Batuer, Yoshinobu. Kido, Yukio Tanaka and Eiichi Nakakita, Groundwater Water Resources Analysis and Management of Tarim River Basin in Xinjiang, Proc. of the 4th Conference of APHW in Beijing,S2-34, pp.10, 2008.

52.中北英一・寺園正彦:地形性降雨の非地形性降雨に対する非線形効果を考慮した短時間降雨予測手法,第6回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, 2008 (印刷中)

53.中北英一・木島梨子:TRMM/TMI観測情報から推定した瞬時降雨量の時間相関長さのグローバル分布, 第6回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, 2008 (印刷中)

54. 中北英一・山口弘誠・隅田康彦:偏波レーダーとビデオゾンデの同期観測および降水粒子タイプの判別, 第6回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, 2008 (印刷中)

55. 山口弘誠・中北英一:偏波レーダーCOBRAを用いた降水粒子種類の同化手法の提案, 第6回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, 2008 (印刷中).

56. Kosei Yamaguchi, Eiichi Nakakita, and Yasuhiko Sumida Data assimilation of hydrometeor types estimated from the polarimetric radar observation. Proc. of World Meteorological Organization Symposium on Nowcasting and Very Short Term Forecasting, 7 pp. in CD-ROM, Vancouver, 2009:

57. Konoshima, Lisako and Eiichi Nakakita, Changes of Stochastic Parameters of Rainfall between Present and Future Climate in Asian Monsoon Regions Simulated from a Super-high Resolution Global Climate Model, 33rd IAHR Congress Proceedings, Vancouver, 7 pp. 2009:

58. Konoshima, Lisako, and Eiichi Nakakita, Future Changes of Abnormal Rainfall and Flood Risks in Asian Monsoon Region, Proceedings of the Young Scientist Session of the 9th IIASA (International Institute for Applied Systems Analysis)-DPRI (Disaster Prevention Research Institute) Conference on Integrated Disaster Risk Management, pp.74-81, Kyoto, 2009.


防災研究所年報


1.    高棹琢馬・椎葉充晴・中北英一:レーダ雨量計による短時間降雨予測の検討, 京都大学防災研究所年報, 26B-2, pp.165-180, 1983

2.    中北英一・高棹琢馬・椎葉充晴:河道網系 Kinematic Wave モデルの集中化, 京都大学防災研究所年報, 29B-2, pp.217-232, 1986

3.    中北英一・筒井雅行・池淵周一・高棹琢馬:3次元レーダー雨量計情報の利用に関する基礎的研究, 京都大学防災研究所年報, 30B-2, pp.265-282, 1987

4.    中北英一・椎葉充晴・池淵周一・高棹琢馬:3次元レーダー雨量計情報の利用に関する基礎的研究(II), 京都大学防災研究所年報, 31B-2, pp.231-240, 1988.

5.    中北英一・筒井雅行・池淵周一・高棹琢馬:降雨分布特性の気象力学的解析,京都大学防災研究所年報, 31B-2, pp.209-229, 1988.

6.    中北英一・椎葉充晴・池淵周一・高棹琢馬:3次元レーダー雨量計情報の利用に関する基礎的研究(III), 京都大学防災研究所年報, 32B-2, pp.351-361, 1989.

7.    中北英一・村田 啓・池淵周一・高棹琢馬:不安定場のモデル化と降雨分布の再現, 京都大学防災研究所年報, 32B-2, pp.337-350, 1989.

8.    中北英一・山浦克仁・椎葉充晴・池淵周一・高棹琢馬:3次元レーダー情報を用いた降雨正規場の推定と降雨予測手法の開発, 京都大学防災研究所年報, 33B-2, pp.193-212, 1990.

9.    中北英一・田中 実:3次元レーダー情報を用いた水蒸気相変化量の推定と3次元風速の同時推定手法, 京都大学防災研究所年報, 34B-2, pp.145-161, 1991

10. 中北英一・澤田典靖・川崎隆行・池淵周一・高棹琢馬:不安定場モデルをベースにした3次元レーダー情報による短時間降雨予測手法, 京都大学防災研究所年報, 35B-2, pp.483-507, 1992.

11. 中北英一・村田憲泰:3次元レーダー情報を用いた広域3次元風速場の推定,京都大学防災研究所年報,36B-2, pp.173-188, 1993.

12. 中北英一・足立琢也・池淵周一:地表面フラックスが降水分布に及ぼす影響に関する基礎的解析, 京都大学防災研究所年報, 37B-2, pp.235-252, 1994.

13. 中北英一・村田憲泰・藤吉康志・池淵周一:1台のドップラーレーダーによるエコー強度およびドップラー速度情報を用いた3次元風速推定手法の開発,京都大学防災研究所年報, 37B-2, pp.209-234, 1993.

14. 大石 哲・木谷有吾・中北英一・池淵周一・高橋 劭:強制上昇流が局地降雨に与える影響に関する考察, 京都大学防災研究所年報, 37B-2, pp.281-298, 1994.

15. 中北英一・中川勝広・池淵周一・Baxter E. Vieux・高棹琢馬:雨滴粒径分布の鉛直プロファイルを利用したレーダー雨量推定手法の構築, 京都大学防災研究所年報, 38B-2, pp.291-302, 1995.

16. 矢島 啓・辻 基宏・池淵周一・中北英一:短時間降雨の可能最大降水量(PMP)推定手法に関する基礎的研究, 京都大学防災研究所年報, 38B-2, pp.333-348, 1995.

17. 中北英一・菅原竜也・岡田憲夫・池淵周一:降雨の時空間分布特性の地形依存性, 京都大学防災研究所年報, 39 B-2, pp.235-250, 1996.

18. 大石 哲・木谷有吾・中北英一・池淵周一:豪雨の生起・発達に地形が及ぼす影響に関する数値実験的研究, 京都大学防災研究所年報, 39B-2, pp.251-270, 1996.

19. 矢島 啓・池淵周一・中北英一:大阪湾周辺における夏期の降雨生起特性,京都大学防災研究所年報,39B-2, pp.271-284, 1996.

20. 田中賢治・大石 哲・中北英一・池淵周一:琵琶湖プロジェクト'95における大気境界層観測, 京都大学防災研究所年報, 39B-2, pp.285-300, 1996.

21. 中川勝広・中北英一・佐藤 亨・池淵周一:雨滴粒径分布の鉛直構造の定式化, 京都大学防災研究所年報, 39B-2, pp.301-320, 1996.

22. 中北英一・菅原竜也・岡田憲夫・池淵周一:時間スケールに依存した地形−降雨分布特性, 京都大学防災研究所年報, 40B-2, pp.275-287, 1997.

23. 中北英一・杉本聡一郎・池淵周一, 高棹琢馬:降雨の概念モデル(不安定場モデル)によるレーダーを用いた短時間予測の精度向上, 京都大学防災研究所年報, 40B-2, pp.289-305, 1997.

24. 中川勝広・中北英一・佐藤 亨・池淵周一:降雨成因を考慮した雨滴流径分布の鉛直構造, 京都大学防災研究所年報, 40B-2, pp.263-274, 1997.

25. 辻 基宏・大石 哲・中北英一・池淵周一:狹域・短時間の可能最大降水量(PMP)推定手法に関する研究, 京都大学防災研究所年報, 40B-2, pp.245-262, 1997.

26. 大石 哲・高橋輝明・中北英一・池淵周一:積雲モデルを用いた梅雨前線帯降雨に対する地形の影響の評価, 京都大学防災研究所年報, 40B-2, pp.307-322, 1997.

27. 中北英一・藤井孝成・三宅且人・山路昭彦・池淵周一:3次元レーダーを用いた降雨予測手法へのLFCモデルの導入に関する基礎的検討, 京都大学防災研究所年報,第41B-2pp.155-170, 1998.

28. 中川勝広・中北英一・佐藤 亨・池淵周一:雨滴粒径分布の鉛直構造解析とレーダーによる降雨量推定手法の構築,京都大学防災研究所年報,第41B-2pp.171-1801998.

29. 中北英一・矢神卓也・池淵周一:東北豪雨の生起特性, 京都大学防災研究所年報,第42B-2, pp.153-168, 1999.

30. 大石 哲・扇田尚紀・中北英一・池淵周一・島田誠一:境界層内水蒸気がGPS大気遅延量に与える影響に関する研究,京都大学防災研究所年報,第42B-2, pp.141-151, 1999.

31. 宝 馨・今本博健・林 泰一・中北英一・市川 温・端野典平・中村行雄,1998年那珂川流域における豪雨・洪水災害について, 京都大学防災研究所年報,第42B-2, pp.235-253, 1999.

32. 中北英一・鈴木善晴・池淵周一:降雨場の地形依存特性に関する基礎的研究,京都大学防災研究所年報,第43B-2, pp.117-136, 2000.

33. 中北英一・長澤光弥・池淵周一:降雨一蒸発過程における長期観測情報の面代表性に関する一考察,京都大学防災研究所年報,第43B-2, pp.137-152, 2000.

34. 大石 哲・亀岡知志・中北英一・池淵周一・島田誠一:GPSと雲解像モデルを用いた梅雨期におけるメソスケール水蒸気動態解明に関する研究,京都大学防災研究所年報,第43B-2, pp.153-166, 2000.

35. 鈴木善晴,諸橋真琴,中北英一,池淵周一:3次元構造を考慮した降雨場の地形依存特性の解析,京都大学防災研究所年報,第44B-2, pp.375-393, 2001.

36. 田中賢治・石岡賢治・中北英一・池淵周一:水田・湖面における熱収支の季節変化 −琵琶湖プロジェクトより−,京都大学防災研究所年報,第44B-2, pp.427-443, 2001.

37. 田中賢治・相馬一義・中北英一・池淵周一:ARPSによる琵琶湖プロジェクト集中観測時の大気場の再現,京都大学防災研究所年報,第45B, pp.657-676, 2002.

38. 中北英一・沖村俊郎・鈴木善晴・池淵周一:降雨の地形依存特性を考慮したTRMM/PR長期観測情報の有効利用, 京都大学防災研究所年報,第45B, pp.687-704, 2002.

39. 鈴木善晴・宮田昇平・中北英一・池淵周一:メソ気象モデルを用いた降雨場の時間積分過程の解析,京都大学防災研究所年報,第45B, pp.765-784, 2002.

40. 相馬一義・田中賢治・中北英一・池淵周一 : ARPSによる琵琶湖プロジェクト集中観測時の大気場の再現(第二報), 京都大学防災研究所年報, 47B, pp.831-850, 2004.

41. 浜口俊雄・川久保愛太・小尻利治・Sina Naosouhi・中北英一:広大な乾燥地帯を対象とした表面流・地下水流練成解析の問題点と打開策,京都大学防災研究所年報, 48B pp.823-832, 2005.

42. 中北英一・竹畑栄伸・中川勝広:最新型二偏波ドップラーレーダーを用いた降水量推定精度の向上,京都大学防災研究所年報,第49, pp - , 2006.

43. 中北英一・松田周吾:浸食過程を考慮した模擬流域発生手法と流域地形量−降雨・流出特性に関する基礎的研究−, 京都大学防災研究所年報,第50, pp - , 2007.

44. 山口弘誠・中北英一:EnKFによるドップラーレーダー情報の同化手法の開発と概念モデルを用いた降雨予測, 京都大学防災研究所年報, 50, pp - , 2007.

45. 城戸由能・川久保愛太・井口貴正・田中幸夫・中北英一:鴨川における河川水と地下水間の水・物質循環の解明, 京都大学防災研究所年報,第50, pp - , 2007.

46. 城戸由能・福田勝之・中北英一:自動水質計観測結果を用いた河川水質評価の可能性, 京都大学防災研究所年報,第50, pp - , 2007.

47. 萬 和明・田中賢治・中北英一・池淵周一:NDVI時系列解析を用いた北タイメーワン流域における高分解能作物分類とその検証, 京都大学防災研究所年報,第50, pp - , 2007.

48. 相馬一義・田中賢治・中北英一・池淵周一:日本における土壌水分量分布推定とそれが夏季の熱雷に与える影響の検討, 京都大学防災研究所年報,第50, pp - , 2007.

49. 中北英一・山口弘誠・隅田康彦・竹畑栄伸・鈴木賢士・中川勝広・大石 哲・出世ゆかり・坪木和久:Cバンド偏波レーダーを用いた降水粒子識別とビデオゾンデを用いた集中同期検証観, 京都大学防災研究所年報,第51, pp - , 2008.

50. 中北英一・木島梨沙子・岡根俊介:衛星観測情報から推定する瞬時降雨量の時間相関長さのグローバル分布, 京都大学防災研究所年報,第51, pp - , 2008.

51. 山口弘誠・中北英一:偏波レーダーデータの同化に向けたOSSEによる氷相雲物理の同化実験, 京都大学防災研究所年報,第51, pp - , 2008.

52. Abudoureyimu, Batur・城戸由能・田中幸夫・中北英一:新疆タリム河流域の地下水流動解析, 京都大学防災研究所年報,第51, pp - , 2008.

53. 和明・田中賢治・中北英一:陸面過程モデルによる土壌水分量推定値の季節変動・年々変動の精度評価, 京都大学防災研究所年報,第51, pp - , 2008.

54. Kim, Sunmin, Yasuto Tachikawa, Kaoru Takara and Eiichi Nakakita: Hydrologic Prediction under global warming at Tone and Yodo River Basins using the output of global 20-km mesh GCM. Annuals of DPRI, Kyoto University, Vol. 51, pp. - , 2008.

55. 奥勇一郎・Sunmin KIM・中北英一:超高解像度全球大気モデルの温暖化予測実験データを用いた日本陸域の極端気象現象の抽出方法, 京都大学防災研究所年報,第52, pp439-444, 2009.

60. 中北英一・寺園正彦:地形性降雨を考慮した移流モデルによる短時間降雨予測手法の精度向上に関する研究, 京都大学防災研究所年報,第52, pp.527-538, 2009.

61. 山口弘誠・中北英一:偏波気象レーダーを用いた降水粒子タイプ情報のデータ同化手法の開発, 京都大学防災研究所年報,第52, pp.539-546, 2009.

62. 中北英一・山口弘誠・山邊洋之:レーダー情報を用いたゲリラ豪雨の卵の解析, 京都大学防災研究所年報,第52, pp.547-562 , 2009.

63. 萬和明・田中賢治・中北英一:陸面過程モデルによる土壌水分推定精度の向上可能性, 京都大学防災研究所年報,第52, pp.563-572, 2009.

65. 城戸由能・田中幸夫・中北英一:京都盆地水系を対象とした地下水流動および水質解析, 京都大学防災研究所年報,第52, pp.625-636, 2009.

66. 城戸由能・鳥井宏之・中北英一:賀茂川水系の汚濁負荷流出過程の解析, 京都大学防災研究所年報,第52, pp.607-624, 2009.

67. 佐藤嘉展・森英祐・浜口俊雄・田中賢治・小尻利治・中北英一:気候変動に対する先行適応のための流域スケールでの洪水および渇水災害リスク評価,第52, pp.573-586, 2009.

68. KIM, Sunmin, Yasuto TACHIKAWA, Eiichi NAKAKITA and Kaoru TAKARA: Climate Change Impacts on Water Resources Management in the Tone River Basin, Annuals of DPRI, Kyoto University, Vol. 52, pp.587-606, 2009.

 


災害調査・野外集中観測


1.   中北英一:メコンデルタにおける河川水文データベースおよび人間活動の河川環境への影響に関する調査報告,東南アジア太平洋地域における近年の異常水文現象の実態把握と実効対策に関する研究,平成10年度科学研究費補助金(国際学術研究)報告書,1999.

2.   中北英一・池淵周一・矢神卓也:東北豪雨の生起・伝播特性,1998年南東北・北関東の集中豪雨災害に関する調査研究,平成10年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))報研究成果告書,pp.11-26,1999.

3.   土木学会水理委員会(共著):ベネズエラにおける洪水・土砂災害に関する調査研究一199912月災害一,87 pp., 2001.

4.   土木学会水理委員会(共著):メコン河洪水氾濫調査 200011月,84 pp.,2001.

5.   2002年ヨーロッパ水害調査団(共著):2002年ヨーロッパ水害調査報告−中間報告−,81 pp., 2002.

6.   2002年ヨーロッパ水害調査団・()土木学会(共著):2002年ヨーロッパ水害調査−報告書−,112 pp.., 2003

7.     Year 2002 European Flood Investigation Team of JSCESummary report of year 2002 of flood disaster in Europe, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol.21, No.2, November, pp.1-10, 2003.

8.     2005年ハリケーン・カトリーナ水害調査団(土木学会水工学委員会・海岸工学委員会・()河川環境管理財団):2005年ハリケーン・カトリーナ水害調査報告書, 128pp., 2006.

9. 沖縄における最新型偏波レーダーとビデオゾンデと豪雨共同同期観測, 071113日〜28日、08526日〜623日、09525日〜620日、京都大学、山口大学、山梨大学、情報通信研究機構、名古屋大学他、科学研究費補助金基盤研究(A)2007~2009.

10. 台湾・台風災害に関する調査団(土木学会), 200912.

11. 2009年台湾台風MORAKOT災害 土木学会・砂防学会合同調査報告会, 土木学会 講堂, 2009222.


著書・解説・講演集・テキスト


1.    日本流体力学会編(共著):地球環境と流体力学, 朝倉書店,1992.

2.    椎葉充晴・中北英一:降雨と流出の実時間予測手法について,気象予測とその水文, 水資源学への応用, 水文・水資源学会講習会テキスト, pp.130-145, 1992.

3.    中北英一:レーダー雨量計の高度利用, 水工学に関する夏期研修会講義集Aコース,土木学会水理委員会, A-3-1-A-3-22, 1994.

4.    中北英一:電波で探る集中豪雨−レーダーによる観測と予知−,京都大学防災研究所公開講座 −防災科学の最先端−, pp.97-122, 1994

5.    タカハシツトム・中北英一:プロジェクト・1:降水物理と降雨予測システム,文字資源研究センター研究報告,第14号,pp.25-46, 1994.

6.    Nakakita, E.: Short-term rainfall prediction methods using radar related to flood forecast in Japan, Proc. of Symp. on Disaster Prevention Technology, Research Center for Disaster Prevention Science & Technology, Korea, pp.49-68, 1995.

7.    中北英一:洪水予測と降雨観測へのレーダーの利用, 洪水予警報システムと予報方式・管理に関する研修会テキスト(台湾語訳), 台湾水理局, 22 pp., 1995.

8.    中北英一:レーダーによる降雨観測・予測と洪水予測,2回「水害防止指揮自動化システム」セミナー論文集 (中国語訳併記), 中華人民共和国水利部水害防止指揮自動化システムプロジェクト, 23 pp., 1996.

9.    中川 一・中北英一:中国国家水害プロジェクトセミナーに参加して-洞庭湖の水害調査と三狭ダムの視察-, 河川災害に関するシンポジウム講演集, pp.31-49, 1997.

10. 水文・水資源学会編(共著):水文・水資源ハンドブック,朝倉書店, 1997.

11. 土木学会編(共著):土木用語大辞典, 技報堂出版, 1998.

12. 今本博建・宝 馨・林 泰一・中川 一・戸田圭一・中北英一・武藤裕則・市川 温:19988月豪雨による那珂川の水害について,河川災害に関するシンポジウム講演集,pp.1-10, 1999.

13. 土木学会水理委員会編(共著):水理公式集, 1999.

14. 中北英一・中川勝広・鈴木善晴・大石 哲・池淵周一:山岳性降雨観測と解析,〜建設産業の発展のための研究〜,研究成果発表会テキスト,近畿建設協会,pp.37-451999

15. 中北英一:琵琶湖プロジェクト一琵琶湖流域の水・熱循環過程解明の取り組み一,特別講演,水文・水資源学会誌,第136号,pp.429-438, 2000.

16. 中北英一:レーダー技術の現状と今後,雨水技術資料,Vol.38,pp25-31, 2000.

17. 中北英一:水災害について一豪雨と都市災害一,京都大学防災研究所公開講座,21世紀の近畿地方の防災一都市と防災一,pp.17-26,2000.

18. 中北英一:水資源問題とものづくり・人づくり,京都大学大学院工学研究科環境地球工学専攻創立10周年記念誌,2001.

19. 池田駿介・中北英一・清水義彦:ベネズエラ土砂・洪水災害報告(エルグアポダムの決壊と氾濫痕跡調査を中心として),河川災害に関するシンポジウム講演集,pp.31-49, 2001.

20. 防災研究所(編)(共著):防災学ハンドドブック,朝倉書店,2001.

21. 中北英一:レーダ雨量計の精度・利活用,平成13年度河川情報シンポジウム講演集,()河川情報センター,3-1-3-30, 2001

22. 田中賢治, 中北英一, 池淵周一 : 琵琶湖プロジェクト, 平成13年度水資源セミナー講演概要集, pp.17-21, 2001.11

23. 日本自然災害学会〔監修)(共著):防災辞典.築地書館,2002

24. 中北英一:リモートセンシング・レーダー水文学の展望,水工学に関する夏期研修会講義集Aコース,土木学会水理委員会, A-5-1-A-5-19, 2002.

25. 中北英一:レーダー水文学の展望,日本学術会議陸水シンポジウム「アジアの環境変動と陸の水」講演集,6 pp., 2002.

26. 中北英一:都市近郊の降雨現象,水循環シンポジウム -21世紀の研究課題と展望- プロシーディングス,日本学術会議, pp.39-42, 2003.

27. 中北英一:欧州災害について−気象・水文状況と災害の実態−,河川,()日本河川協会、No.679pp.14-23, 2003

28. 中北英一:降雨観測,[特集]リモートセンシング最前線,土木学会誌,Vol.89, No.1, pp.25-27, 2004.

29. Nakakita, Eiichi, Radar hydrology, The Textbook for the 12th IHP Training Course in 2003, Eds. by E. Nakakita and H. Uyeada, UNESCO, 21 pp.111-131, 2004.

30. 中北英一:都市河川流域が対象とする降雨現象,季刊河川レビュー,No.12冬季号,新公論社,pp35-402004.

31. 北村隆一・堀 智晴(編),北村隆一・尾崎博明・東野 達・中北英一・堀 智晴(著):工学のための確率・統計,207pp., 朝倉書店,2006.

32. 中北英一:世界での異常降雨出現特性と災害,京都大学防災研究所公開講座,テキスト, 10pp., 京都大学防災研究所, 2006

33. 中北英一:時間、空間相関長等瞬時降雨場パラメータの気候推定値の可能性, 全球観測(GPM)計画 −科学的・社会的期待−, GPM科学文書編集委員会編集, ()宇宙航空研究開発機構地球観測センター発行, pp.88-94, 20073.

34. Nakakita, Eiichi, Climate Change Study on Disaster Environment in Japan, Proc. of International Expert Symposium on "Climate Change: Modelling, Impacts & Adaptations", National Singapore University, Singapore, November, pp.63-66, 2007

35. 環境省地球温暖化影響・適応委員会(共著):気候変動への賢い適応 −地球温暖化影響・適応委員会報告書−, 環境省地球環境局研究調査室, 2008.6. 

36. 中北英一:温暖化進行時における河川水文の変化, 6回水文・水資源セミナー, テキスト, 水文・水資源学会, pp.17-27, 2008.7.

37. 中北英一,:温暖化と異常降雨ならびに今後の災害影響評価への取組, 7回水資源に関するシンポジウム, 講演集, pp.62 -89, 2008.8

38. 高橋裕(編)(共著):川の辞典、丸善、20091.

39 中北英一:ゲリラ豪雨とそのタマゴ、銀行倶楽部、談話室、平成2110月号, No.513, pp.2-6, 社団法人 東京銀行協会、2009.10.

40. 中北英一:ゲリラ豪雨のタマゴ −早期探知と対策−、水循環 貯留と浸透、社団法人 雨水貯留浸透技術協会、Vol.74, pp.10-14,2009.11.

41. 中北英一:レーダーによる降雨観測と予測の最新動向について、特集・河川防災情報、河川、()日本河川協会、No.762, 20101月号, pp.20-27, 2010.1.

42. 中北英一:集中豪雨・ゲリラ豪雨の観測・予測技術の現状と今後の動向、第52回電力土木講習会テキスト、電力土木技術協会、pp.13-33, 2010.2.

43. 中北英一:レーダーによる降雨観測と降雨予測、平成22年度専門課程 水災害予報技術研修 研修テキスト、国土交通省 国土交通大学校、2010.4.

44. 中北英一:ゲリラ豪雨とその今後、総合雑誌「環境・エネルギー」、政策総合研究所、'106月号、pp.8-9, 2010.6.

45. 中北英一:集中豪雨のモニタリングと予測、[特集]防災の水工学、日本流体力学会誌「ながれ」、第29巻第3号、pp.203-210, 2010.7.


3.国際活動


国際会議


1.    Chair Person: International Seminar on Water Resources Systems, Tomamu, Japan, 1989.

2.    Chair Person: Third Roc and Japan Joint Seminar on Natural Hazards Mitigation, Taichun, Taiwan, 1993

3.    Secretariat: Int. Conference on Water Resources & Environmental Research: Towards the 21st Century, Kyoto, 1996.

4.    Local Organizing Committee: Fourth Japan-Chinese (Taipei) Joint Seminar on Natural Hazards Mitigation, Kyoto, Japan, 1997.

5.    International Scientific Committee: Fourth International Symposium on Hydrological Applications of Weather Radar, San Diego, USA,1998.

6.    Local Organizing Committee: Fifth International Symposium on Hydrological Applications of Weather Radar, Kyoto, Japan, 2001.

7.    Director General: Fifth International Symposium on Hydrological Applications of Weather Radar, Kyoto, Japan, 2001.

8.    Chair Person: Fifth International Symposium on Hydrological Applications of Weather Radar, Kyoto, Japan, 2001.

9.    Chief Editor: Special Issue of Hydrological Processes on Hydrological Applications of Weather Radar, 2003.

10. Convenor: The 12th IHP Training Course in 2003, UNESCO, 2003.

11. Editor: The Textbook for the 12th IHP Training Course in 2003, Eds. by Eiichi Nakakita and Hiroshi Uyeada, UNESCO,  2003.(in Printing)

12. Convenor: Symposium on Radar Information and Distributed Runoff Modeling, IAHS, IUGG2003, Sapporo, 2003.

13. Chair Person: Symposium on Radar Information and Distributed Runoff Modeling, IAHS, IUGG, Sapporo, 2003.

14. Editor: Weather Radar Information and Distributed Hydrological Modelling, IAHS Publications No. 282, 2003.

15. International Scientific Advisory Committee: International Conference of GIS and Remote Sensing in Hydrology, Water Resources and Environment, Three Georges Dam Site, People Republic of China2003.

16. Chair Person: International Conference of GIS and Remote Sensing in Hydrology, Water Resources and Environment, Three Georges Dam Site, People Republic China2003.

17. International Scientific Committee: Sixth International Symposium on Hydrological Applications of Weather Radar, Melbourne, Australia, 2004.

18. Organizing Committee: International Conference on Monitoring, Prediction and Mitigation of Water Related Disasters, Kyoto, 2005.

19. Chair Person: Conference on Monitoring, Prediction and Mitigation of Water Related Disasters, Kyoto, 2005.

20. Convenor: ”Flood disasters”, HS (Hydrological Sciences) sessions in the Second Annual Meeting of AOGS (Asia Oceania Geosciences Society), Singapore, 2005.

21. Chair Person: HS (Hydrological Sciences) sessions in the Second Annual Meeting of AOGS (Asia Oceania Geosciences Society), Singapore, 2005

22. Editor: Advances in Geosciences 2005, Vol.4,  (Special Volume of HS (Hydrological Sciences) sessions in the Second Annual Meeting of AOGS(Asia Oceania Geosciences Society)), 2005.

23. Chair Person: Fifth IIASA-DPRI Forum, Integrated Disaster Risk Management, - Innovations in Science & Policy-, Beijing, 14-18 Sept 2005.

24. Secretariat General: Sixth Japan-Chinese (Taipei) Joint Seminar on Natural Hazards Mitigation, Kyoto, Japan, 2006.

25. Organizing Committee: Sixth Japan-Chinese (Taipei) Joint Seminar on Natural Hazards Mitigation, Kyoto, Japan, 2006.

26. Chair Person: Sixth Japan-Chinese (Taipei) Joint Seminar on Natural Hazards Mitigation, Kyoto, Japan, 2006.

27. Editor: Advances in Geosciences 2006, Vol.7,  (Special Volume of HS (Hydrological Sciences) sessions in the Third  Annual Meeting of AOGS(Asia Oceania Geosciences Society)), 2006.

28. Convenor: ”Radar Hydrology”, HS (Hydrological Sciences) sessions in the 4th Annual Meeting of AOGS (Asia Oceania Geosciences Society), Bangkok, 2007.

29.Chair Person: ”Radar Hydrology”, HS (Hydrological Sciences) sessions in the 4th Annual Meeting of AOGS (Asia Oceania Geosciences Society), Bangkok, 2007.

30. International Scientific Committee: Seventh International Symposium on Hydrological Applications of Weather Radar, Grenoble, France, 10-12 March, 2008.

31.Convenor: Workshop after Seventh International Symposium on Hydrological Applications of Weather Radar, Autrans, France, 13-14 March, 2008.

32. Convenor: ”Radar Hydrology”, HS (Hydrological Sciences) sessions in the 5th Annual Meeting of AOGS (Asia Oceania Geosciences Society), Bussan, Korea, 2008.

33. Chair Person: ”Radar Hydrology”, HS (Hydrological Sciences) sessions in the 5th Annual Meeting of AOGS (Asia Oceania Geosciences Society), Bussan, Korea, 2008.

34. Chair Person: The 4th Conference of APHW (Asian Pacific Association on Hydrology and Water Resources) , Beijing, 2008.

35. Chair Person: Round Table Discussion, Forum of National Adaptation Strategies on Global Climate Change, Taipei, Taiwan, Nov.19th, 2008.

36. Organizing Committee: GEOSS Asian Pacific Symposium, Kyoto, Japan, Jan. 4th - 6th, 2009.

37. Co-Chair Person: Climate-Water Cycle-Disasters” Joint Session, GEOSS Asian Pacific Symposium, Kyoto, Japan, Jan. 5th, 2009.

38. Panelist: GEOSS Asian Pacific Symposium, Kyoto, Japan, Jan. 6th, 2009.

39. Convenor: ”Radar Hydrology”, HS (Hydrological Sciences) sessions in the 6th Annual Meeting of AOGS (Asia Oceania Geosciences Society), Singapore, 2009.

40. Scientific Advisory Board, World City Forum 2009, Sangdo Convensia, Incheon, Korea 18-21, 2009.

41. Organizers: International Symposium on Radar and Modeling Studies of the Atmosphere, Kyoto University, Uji Campus, Kyoto Japan, Nov. 10-13, 2009.

42. Conveners: International Symposium on Radar and Modeling Studies of the Atmosphere, Kyoto University, Uji Campus, Kyoto Japan, Nov. 10-13, 2009.

43. Chair persons: International Symposium on Radar and Modeling Studies of the Atmosphere, Kyoto University, Uji Campus, Kyoto Japan, Nov. 10-13, 2009.

 


海外における講師・招待講演・セミナー発表


1.     Seminar:アメリカ合衆国アイオワ大学水理学研究所,1992

2.     Seminar:アメリカ合衆国オクラホマ大学国際災害軽減センター,1992.

3.     Seminar:アメリカ合衆国カリフォルニア大学スクリプス校海洋学研究所,1992

4.     Seminar:アメリカが週国カリフォルニア大学サクラメント校土木工学科,1992

5.     Invited Speaker:国際災害軽減センター第2回ワークショップ,アメリカ合衆国オクラホマ大学,1992

6.     Lecture:洪水予警報システムと予報方式・管理に関する研修会,台湾水理局,台北1995.

7.     Seminar:アメリカ合衆国オクラホマ大学土木工学教室,気象学教室,1995

8.     Invited Speaker:防災技術に関するシンポジウム,韓国高麗大学,ソウル,1996

9.     Lecture:第2回「水害防止指揮自動化システム」セミナー,中華人民共和国水利部,北京,1997

10.  Scientific Advisory:台湾水理局,台北 1998

11.  Speaker:韓国水資源学会年次学術講演会,慶北大学,大邸,2001.(水文・水資源学会からの派遣)

12.  Invited Speaker:韓国慶北大学理学部大気物理学科,大邸,2001

13.  Invited Speaker:韓国気象庁仁川空港気象台,ソウル,2001

14.  LectureThe 12th IHP Training Course in 2003, Nagoya and Kyoto, UNESCO, 2003.

15.  PanelistFourth IIASA-DPRI Forum, Integrated Disaster Risk Management  -Challenges of Implementation-, Ravello, Italy, 3-7 July 2004.

16.  LectureThe 13th IHP Training Course in 2004, Kuala Lumpur, UNESCO, 2004.

17.  Invited SpeakerUK-Japan Flooding and Coastal Defenses Workshop, British Embassy, Tokyo, 31 January to 2 February, 2006.

18.  Invited Speaker:台湾大学技術交流研討会,国立台湾大学,台北,April, 2006.

19.  Invited Speaker: ”Urban Flood”, HS (Hydrological Sciences) sessions in the Third Annual Meeting of AOGS (Asia Oceania Geosciences Society), Singapore, 2005.

20.  Lectures: Singapore University and Institute of High Performance Computing, July, 2006.

21.  Lecture: ”Radar, Hydrology”, HydroAsia 2007, Incheon University, Incheon, Korea, August, 2007.

22.  Lecture: ” Quantitative Precipitation Estimation & Forecast with Weather Radar (気象レーダーを用いた降水量推定と予測)”, 27回台日工程技術研討会, 台北, 台湾, November, 2007.

23. Invited Speaker: ” Climate Change Study on Disaster Environment in Japan”, International Expert Symposium on "Climate Change: Modelling, Impacts & Adaptations", National Singapore University, Singapore, November, 2007.

24. Supervisor: HydroAsia 2008, The University of Incheon, Korea, Korea, 18-22 August, 2008.

24. Invited Speaker: ”Recent Advances in Rainfall Estimation(QPE) and Prediction(QPF) of Rainfall using Weather Radar”, International Symposium in HydroAsia 2008, The University of Incheon, Korea, 21 August, 2008.

25. Seminar: “Recent hydro-meteorological activities using weather radar in DPRI, Kyoto University”, National Weather Center, The University of Oklahoma, U.S.A., 19 September, 2008.

26. Invited Speaker: ”Integrated assessment of climate change impacts on disaster environment in Japan”, Forum of National Adaptation Strategies on Global Climate Change, Nov. 17-18th, Taipei, Taiwan, 2008.

27. Invited Speaker: “Tragic Disaster Due to Very Localized Torrential Rainfall Occurred in Kobe Urban Area in Japan and Installation of New Radar Network System for Early Detection of the Storm System”, U-City & Hydroinformatics, World City Forum 2009, Sangdo Convensia, Incheon, Korea 18-21 August, 2009.

28. Invited Speaker, “Comprehensive Impact Assessment using High Spatial Resolution Climate Model Projections”, Asia-Pacific Water Forum (APWF) Secretariat and Asian Development Bank (ADB) Joint International Workshop on Climate Change Projection, Impact Assessment and Adaptation Planning in the Asia-Pacific Water Sector, - A Workshop for Scientists and Practitioners-, Asian Development Bank, Manila, Philippines, 24–25 March, 2010.

29. Invited Speaker, "Innovative Program of Climate Change Projection for the 21st Century (KAKUSHIN Program)", 2010 Korean Environmental Institute (KEI) International Water Symposium on “Climate Change and Water Security". 20 July, 2010, Seoul, Korea.


4.学会活動


19808月〜現在:日本物理学会 会員

19831月〜現在:土木学会 会員

19863月〜現在:日本気象学会 会員

19881月〜現在:水文・水資源学会 会員

19894月〜現在:土木学会 水理委員会(現水工学委員会) 水文部会 委員

19894月〜19953月:土木学会,水文・水資源学会 琵琶湖プロジェクト 幹事

19897月〜20048月:水文・水資源学会編集出版委員会 委員

19954月〜20013月:土木学会 地球環境委員会 幹事

19954月〜20013月:土木学会・水文水資源学会 琵琶湖プロジェクト 代表幹事

19994月〜20053月:土木学会 水理委員会欧文誌(JHHE)小委員会 委員

20007月〜20047月:水文・水資源学会 国際委員会 委員

20014月〜20033月:土木学会 水理委員会 水文部会長

20015月〜20044月:土木学会 水理委員会 地球環境水理学小委員会 委員

20016月〜現在:自然災害学会 会員

20016月〜現在:自然災害学会 企画委員

20016月〜現在:国際水文学会(IAHS) 会員

200112月〜現在:建築学会 会員

200011月〜200211月:土木学会 全国大会学術小委員会委員(第2部門)

20024月〜20053月:ユネスコIHPトレーニングコース ワーキング委員

20025月〜2003年4月:土木学会関西支部 幹事(総務副査)

20025月〜現在:日本測量学会 会員

20025月〜20054月:日本測量学会関西支部 幹事

20028月〜20048月:水文・水資源学会 編集出版委員会 幹事長

20035月〜20044月:土木学会関西支部 幹事(総務主査)

20035月〜20054月:土木学会 会員支部部門 幹事

20035月〜20044月:土木学会 選奨土木遺産選考委員会 委員

20045月〜20054月:土木学会関西支部 幹事(総務補佐)

200410月〜現在:実践水文システム研究会 事務局長

20056月〜現在:実践水文システム研究会 理事

20055月〜20074月:土木学会関西支部 土木学会選奨土木遺産支部推薦委員会 委員

20064月〜現在:土木学会 水工学委員会 河川懇談会 委員

20067月〜現在:アジア地球科学会(Asia Oceania Geosciences Society) 会員

20068月〜20087月:水文・水資源学会 総務委員会 委員長

20068月〜20087月:水文・水資源学会 表彰選考委員会 委員

20068月〜現在:水文・水資源学会 理事

20072月〜20083月:土木学会関西支部 80周年記念行事 総務部会 委員

20075月〜2010年4月:土木学会関西支部 土木学会選奨土木遺産支部推薦委員会 委員長

20075月〜現在:土木学会 土木学会水工学委員会 委員

20084月〜現在:日本自然災害学会 評議員

20085月〜2010年4月:土木学会関西支部 商議員

20087月〜現在:土木学会 地球温暖化対策特別委員会 適応策小委員会 委員

20088月〜現在:水文・水資源学会 総務委員会 アドバイザー



5.国内における社会貢献


講師・講演・テレビ番組出演・新聞取材記事(1998年以降)


1.     講師:水工学に関する夏期研修会,土木学会水理委員会,京都,19987月.

2.     講師:京都大学防災研究所公開講座,京都大学防災研究所,大阪,199811月.

3.     講演:淀川治水懇談会,建設省近畿地方建設局,大阪,19997月.

4.     講師:水理公式集講習会,土木学会水理委員会,京都,199912月.

5.     テレビ出演:サイエンスアイ,名物研究室,「集中豪雨の予測に挑む」,NHK教育テレビ(全国版),20003月(5月放送,8月特番再放送).

6.     講演:防災セミナー,石川県土木局,金沢,20006月.

7.     特別講演:水文・水資源学会2000年年次学術講演会,滋賀,20008月.

8.     講師:京都大学防災研究所公開講座,京都大学防災研究所,大阪,平成200011月.

9.     講演:防災セミナー,大阪ガス,大阪,20013月.

10. テレビ出演:「夏休み特集 家が流され町が消えた 都市型災害の恐怖」TBS(関東版),20017月.

11. 講演:河川情報シンポジウム,()河川情報センター,200112月.

12. 講師:水工学に関する夏期研修会,土木学会水理委員会,京都,20027.

13. 講演:「温暖化・都市化と豪雨・都市水害」,河川技術セミナー,建設コンサルタンツ協会中部支部,200212月.

14. 新聞特集記事:「リアルタイム気象・水象予測」,研究最前線21,京都新聞朝刊,20041月.

15. テレビ出演:おはよう日本,今日の特集,「集中豪雨」,NHK総合テレビ(全国版),200472日放送.

16. 講演:「温暖化・都市化と異常降雨 −何がどこまでわかっているのか,これからどう考えればよいのか−」,京都大学研究所COEセミナー, キャンパスプラザ,京都, 20041224日.

17. 講演:国内外4豪雨災害に関するフォーラム in 広島,土木学会水工学委員会,2005118.

18. コーディネーター:琵琶湖・淀川流域圏の再生シンポジウム,琵琶湖・淀川流域圏の再生協議会,京都,2005326日.

19. 講演:「温暖化・都市化と異常降雨 −何がどこまでわかっているのか,これからどう考えればよいのか−」,大津放水路暫定開通記念シンポジウム, 2005514日.

20. 講演:「豪雨 −その予測と温暖化による影響」,京都大学研究所COEセミナー, 帝国ホテル,東京, 2005719日.

21. 講演:講演会「近年の異常気象と洪水・渇水への対応」,(独)水資源機構 吉野川局,高松,2006320日.

22. 講演:「電波で探る集中豪雨 −観測と予測」,京都大学研究所COEセミナー, キャンパスプラザ,京都, 2006531日.

23. 新聞特集記事(コメント掲載):「水害災害C」−豪雨の卵 どう予測−、読売新聞朝刊,2005720日.

24. 講演:講演会「降雨予測の技術の最前線と今後の展望」,(独)水資源機構 本社,さいたま,2006628日.

25. テレビ出演:ニューススクランブル,「頻発する大雨 その原因と内水氾濫」,よみうりテレビ,2006718日.

26. 講師:「世界での異常降雨出現特性と災害」,京都大学防災研究所公開講座,京都大学防災研究所,京都, 2006927

27. 新聞特集記事:「中北研究室」,[国公立大]研究室WATCHINGYozemi Jouranal, 2006.No.5, 代々木ゼミナール, 200610,.

28. 特別講義:「防災・減災における土木工学の役割 −水災害を中心にして−」, 京都府立伏見工業高校, 2006, 1125日.

29. 講演:「レーダーによる集中豪雨の観測・予測の現状と展望」, NPO防災ネット研究所設立総会・記念講演会, 福岡, 20061127日.

30. 特別講義:「レーダーによる集中豪雨の観測・予測の現状と展望」,信州大学土木工学科,20061221日.

31. 講演:講演会「降雨予測技術の現状と、今後の展望」,(独)水資源機構 本社,さいたま,2007524日.

32. 講演:講演会「降雨予測技術の現状と、今後の展望」,電源開発株式会社 本社,東京,200767日.

33. 講演:「温暖化と異常降雨ならびに今後の災害影響評価への取組」, 7回水資源に関するシンポジウム, 東京, 2007, 83日.

34. 講演:「豪雨観測と予測技術の今後の展望」,() 大阪府下水道技術センター, 一滴塾, 大阪, 20071213

35. 公開報告会:「流域圏を総合した災害環境変動評価」, 21世紀気候変動革新プログラム平成19年度研究成果報告会, 文部科学省主催, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 2008118日.

36. 講演:「レーダ雨量計による降雨量推定・予測の今後の展望と、気候変動評価研究の最近の動向」, ()河川環境管理財団大阪研究所, 河川環境総合研究会, 大阪, 2008123.

37. 講師