Welcome to 
E. Nakakita's Home Page
 =>English

(Updated on 23, June in 2010)

ホームページアドレス変更のお知らせ

http://hmd.dpri.kyoto-u.ac.jp/nakakita/nakakita.html

このページは10秒後に新アドレスへジャンプします。

This web site has moved.

http://hmd.dpri.kyoto-u.ac.jp/nakakita/nakakita.html

This page will be redirected to the new web site 10 seconds later.

プロフィール

名前

中北英一 (なかきた えいいち)

所属

京都大学防災研究所 気象・水象災害研究部門 水文気象災害研究分野

役職

教 授


経歴・研究業績・国際活動・学会活動・社会貢献

防災研究所赴任に当たっての自己紹介by 防災研究所 ニューズレター)

代々木ゼミナール Yozemi Juranal での紹介記事

これまで採択された文部科学省科学研究費補助金の検索

 (”中北英一”で、代表・分担・成果のどれかが含まれているものを検索。後は”代表“または”分担”で絞り込み)

(あるいは、1993年以降は”70183506”で、それ以前は” 591570183506 で、代表または分担を検索)

基盤研究(S)(2010-2014

「最新型偏波レーダーとビデオゾンデの同期集中観測と水災害軽減に向けた総合的基礎研究」

関係へのリンク2010621日追加)

l  研究課題の概要(日本語英語

l  英語ppt(関連)

l  京都大学防災研究所ニューズレター(関連)

l  No.49 (20088)

l  No.53 (20098)


研究内容について

(工学・理学の融合から人間を意識した気象工学の確立に向けて)


これまでの研究内容について

Ø 文章による紹介2005115日 追加)

Ø フローチャートによる紹介20048月 作成)

Ø 既発表論文リスト・経歴2010310日 更新

 

今後の研究について

Ø 文章による紹介20044月 現在)

Ø フローチャートによる説明20048月 作成)

Ø 関連する大切な思い

² ヴェトナム(メコンデルタ)報告1999419日追加)

² 水資源問題とものづくり・人づくり200051日追加)

² 都市河川流域が対象とする降雨現象の概説(温暖化,都市化の影響も含む;2005115日追加)

Ø 国土交通省レーダーで見たゲリラ豪雨の卵

・豊中豪雨animation-nanane.avi

・神戸・戸賀川豪雨 神戸新聞記事(09/03/11)

Ø 気象レーダー(最新型レーダー、豪雨予測、野外観測)、気候変動のによる災害環境へのインパクト評価、流域の100万年オーダーでの形成過程、関連で最近行なっていること

² 気象レーダー、気候変動(水資源機構での話題提供内容から

² 流域の100万年オーダーでの形成過程

少し前の成果概要

Ø 地上の広域降水レーダー(気象レーダー)情報を用いた降雨予測の概要2005823日追加)

Ø 人工衛星搭載降水レーダー(TRMM/PR)解析の概要2005115日追加)

Ø 異常降雨の地球規模解析の概要2005115日追加)

 

研究内容をイメージする画像

Ø 気象レーダーで見た東海豪雨(=>動画

toukai_p-rain0009112000

Ø レーダーで見た栃木県那須豪雨の立体構造

Ø

Ø  

Ø 集中豪雨の模式図とリアルタイム気象・水象予測

Ø 集中豪雨

Ø  

Ø 世界で多発する異常大雨災害

Ø

Ø


貢献している活動へのリンク


Ø 偏波レーダーとビデオゾンデによる共同観測(沖縄) [科学研究費 基盤研究(A), 代表] [2007-2009年度] (After 科学研究費 基盤研究(B) 代表;2004-2006年度) /観測紹介記事2008年10月3日追加)

Ø 第7回気象レーダーの水文学への応用に関する国際シンポジウム(2008年3月,グルノーブル, フランス) [国際科学委員会委員, ポストワークショップ コンビーナ] 200823日追加)

Ø 「気候変動 –モデリング, インパクト, 適応- 」に関する専門家シンポジウム(2007年12月, シンガポール) [招待講演] 200823日追加)

Ø 21世紀気候変動予測革新プログラム [文部科学省: 2007年度-2011年度、極端現象予測  流域圏を総合した災害環境変動評価, 代表] 200823日追加)

Ø 熱帯降雨観測衛星(TRMM)・全地球降水観測計画(GPM)[宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター] Research Announcement 参加:第2回 [1998-2000年度], 第3回 [2001-2003年度], 第4回 [2004-2006年度], 第5回 [2007-2009年度] 200823日追加)

Ø  第6回気象レーダーの水文学への応用に関する国際シンポジウム(2004年2月,メルボルン, オーストラリア) [国際科学委員会委員] 2003620日追加)

Ø  土木学会水理委員会水文部会沖縄研究集会 [主催] 2003612日追加)

Ø  第5回気象レーダーの水文学への応用に関する国際シンポジウム [主催] 20111月,京都)  [リンク解除]

Ø  琵琶湖プロジェクト1995年の衛星・航空機・飛行船同期観測と1997年までの議論のみ) [科学研究費 基盤研究() 代表,1995-1997年度, 1998-2000年度, 2001-2003年度]

Ø  第4回気象レーダーの水文学への応用に関する国際シンポジウム [国際科学委員会委員] (19984月,サンディエゴ、アメリカ)  [リンク解除]


講  義


学部科目

Ø  京都大学工学部 地球工学科 「確率・統計解析及演習」 (1995年度- ) [2回生前期]

Ø  京都大学工学部 地球工学科 「水理水工学」 [旧:応用流体力学、流れ学] (1996年度- ) [3回生前期]

大学院

Ø  京都大学大学院 工学研究科 地球系3専攻 「水文気象災害」(2008年度- [前期]

過去の講義

Ø  京都大学工学部 土木工学科 水理学実験 (1986年度-1990年度) [4回生前期]

Ø  京都大学工学部 土木工学科 水理学演習 (1994年度) [3回生後期]

Ø  京都大学工学部 地球工学科 「測量学及実習」 (2000年度-2003年度) [3回生前期]

Ø  京都大学工学部 地球工学科 「応用測量学」=>「空間情報学」 (2000年度-2003年度) [3回生後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 「水文循環工学特論第一」 (1991年度-1997年度) [前期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 「水文循環工学特論第二」 (1991年度-1997年度) [後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 「水文循環工学」 (1998年度-2002年度) [前期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 「環境地球工学演習(水文循環工学)」 (1991年度-2002年度) [前期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 都市環境工学専攻 「水文循環工学」 (2003年度-2007年度 ) [前期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 「地球環境リモートセンシング」 (1999年度-2002年度) [後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 都市環境工学専攻 「地球環境リモートセンシング」 (2003年度-2005年度) [後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 都市環境工学専攻 「環境情報論」 (2003年度) [後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 都市社会工学専攻 「都市水文システム」 (2005年度-2007年度 ) [後期]

Ø  京都大学 全学共通科目 「自然災害科学 II (2006年度-2008年度) [後期]

 


その他のリンク


l  防災研究所

Ø 気象・水象災害部門

Ø 水資源環境研究センター

l  生存基盤科学研究ユニット

l  工学研究科都市社会工学専攻

l  工学研究科都市環境工学専攻

Ø 環境情報学講座


水文気象災害研究分野のHomePageに戻る

 


貢献している研究活動へのリンク


Ø 偏波レーダーとビデオゾンデによる共同観測(沖縄) [科学研究費 基盤研究(A), 代表] [2007-2009年度] (After 科学研究費 基盤研究(B) 代表;2004-2006年度) 200823日追加) 活動の状況20081010日追加)

Ø 第7回気象レーダーの水文学への応用に関する国際シンポジウム(2008年3月,グルノーブル, フランス) [国際科学委員会委員, ポストワークショップ コンビーナ] 200823日追加)

Ø 「気候変動 –モデリング, インパクト, 適応- 」に関する専門家シンポジウム(200712, シンガポール) [招待講演] 200823日追加)

Ø 21世紀気候変動予測革新プログラム [文部科学省: 2007年度-2011年度、極端現象予測  流域圏を総合した災害環境変動評価, 代表] 200823日追加)

Ø 熱帯降雨観測衛星(TRMM)・全地球降水観測計画(GPM)[宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター] Research Announcement 参加:第2回 [1998-2000年度], 第3回 [2001-2003年度], 第4回 [2004-2006年度], 第5回 [2007-2009年度] 200823日追加)

Ø 第6回気象レーダーの水文学への応用に関する国際シンポジウム(2004年2月,メルボルン, オーストラリア) [国際科学委員会委員] 2003620日追加)

Ø 土木学会水理委員会水文部会沖縄研究集会 [主催] 2003612日追加)

Ø 第5回気象レーダーの水文学への応用に関する国際シンポジウム [主催] 20111月,京都)  [リンク解除]

Ø 琵琶湖プロジェクト1995年の衛星・航空機・飛行船同期観測と1997年までの議論のみ) [科学研究費 基盤研究() 代表,1995-1997年度, 1998-2000年度, 2001-2003年度]

Ø 第4回気象レーダーの水文学への応用に関する国際シンポジウム [国際科学委員会委員] (19984月,サンディエゴ、アメリカ)  [リンク解除]


講  義


学部科目

Ø 京都大学 全学共通科目 「自然災害科学 II (2006年度- ) [後期]

Ø 京都大学工学部 地球工学科 「確率・統計解析及演習」 (1995年度- ) [2回生前期]

Ø 京都大学工学部 地球工学科 「水理水工学」 [旧:応用流体力学、流れ学] (1996年度- ) [3回生前期]

大学院

Ø 京都大学大学院 工学研究科 地球系3専攻 「水文気象災害」(2008年度- [前期]

過去の講義

Ø  京都大学工学部 土木工学科 水理学実験 (1986年度-1990年度) [4回生前期]

Ø  京都大学工学部 土木工学科 水理学演習 (1994年度) [3回生後期]

Ø  京都大学工学部 地球工学科 「測量学及実習」 (2000年度-2003年度) [3回生前期]

Ø  京都大学工学部 地球工学科 「応用測量学」=>「空間情報学」 (2000年度-2003年度) [3回生後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 「水文循環工学第一」 (1991年度-1997年度) [前期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 「水文循環工学第二」 (1991年度-1997年度) [後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 「水文循環工学」 (1998年度-2002年度) [前期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 「環境地球工学演習(水文循環工学)」 (1991年度-2002年度) [前期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 環境地球工学専攻 「地球環境リモートセンシング」 (1999年度-2002年度) [後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 都市環境工学専攻 「地球環境リモートセンシング」 (2003年度-2005年度) [後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 都市環境工学専攻 「環境情報論」 (2003年度) [後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 都市社会工学専攻 「都市水文システム」 (2005年度-2007年度 ) [後期]

Ø  京都大学大学院 工学研究科 都市環境工学専攻 「水文循環工学」 (2003年度-2007年度 ) [前期]

Ø  


その他のリンク


l 防災研究所

Ø 気象・水象災害部門

Ø 水資源環境研究センター

l 生存基盤科学研究ユニット

l 工学研究科都市社会工学専攻

l 工学研究科都市環境工学専攻

Ø 環境情報学講座


水文気象災害研究分野のHomePageに戻る